戻る

7周年ありがとうございます

今年も無事にサイトの誕生日を迎えることが出来ました。
2002年に勢いで作り出して、もう7年。
7年の間にいろいろありましたが、これからもなんとか勢いでやっていこうと思います。
なにかと迷走しがちなサイトですが、今後とも気が向いたときによろしくしていただけると嬉しいです。

特別企画その1

過去作品を振り返ろう!という思いつき企画。
心が折れなかったものだけ、当時の作品自体を掲載しておきます……。

Take Over
とある旅人と、その名前にまつわる物語。
の予定でした。
イメージイラスト描きました。イメージ破壊に一応ご注意ください。

こどものはなし
 いつかもう一度きちんと書き直したい話一号。

赤い城壁の話
 実は地味にお気に入りだったりします。

黒猫の話
 キルルを主体に。
 堅い雰囲気のファンタジーに憧れます。

色のない街
 考えるだけ考えていた別サイトのキャラクターを無意味にクロスオーバー。
 楽しいのは私だけってやつです。

Time For Me
物書きの青春三部作の予定だったもの。
当時のいろんな鬱屈を詰め込んだおかげで、一番生ぬるい気分で見つめたい作品です。
イメージイラスト描きました。

Short! Short! Short!
 高校卒業とともに物書きをやめ、大学生活を鬱々と過ごし、

Long Long Ago
 ……三作目でもう一度、物書きを名乗るという筋書きでした。

ダージリン&アールグレイの紅茶日記
軽快なノリが維持できずに一作しか書けませんでした。
根っからのシリアス屋な自分に気づけた、ある意味貴重な体験です。
イメージイラスト描きました。

#09
 無計画に9から始める当時の自分に感動。
 1〜8はネタすらありません。

まだまだいくよー!


特別企画その2

過去作品を振り返ろう!という思いつき企画。
の延長で、以前発行した月とゼンマイこっそり五周年記念冊子のデータを、期間限定で公開してました。

紅花夜話
└ なんちゃって時代物 / 怪奇 / 友情
拾い子の柘榴とともに育った良昭。二人はある日、奇怪な人骨を発見する。
廃屋に散る赤い花に、彼らは何を見たのか。

タイトルの読み方は私にもわかりません。ただひたすら字面のみを追求しました。
私はくれないやわと呼んでました。花は無視で。
お題は月砂の妖艶怪奇な壱拾の御題から「花と骸」。


dem trost
└ なんちゃって時代物 / 妖怪 / 悲恋
生け贄として滝壺に捧げられた少女と、水神と崇められる妖怪の恋。
平穏な時間は、やがて人間たちの狂気によって破られる。

お題は同じく壱拾の御題から「雛罌粟」。
花言葉が慰みだったので、ドイツ語にしてタイトルにしました。合ってるかは知りません。


ring ring
└ 現代 / 猫 / 切なめ
引っ越しの間際、いなくなった飼い猫を探して不思議な路地に迷い込んだ少女。
そこで不思議な青年に出会う。

お題は「袋小路」。趣味丸出しです。


蝋恋
└ なんちゃって時代物 / 怪奇 / 続編
紅花夜話の二人が再登場。
人が蝋になる奇病が発見された。白く固まる肌に隠された想いとはなんなのか。

お題は「蝋涙」。
ちょっとどころじゃなくだいぶ友情が行き過ぎている気がしてなりません。
良昭は柘榴が好きすぎだと思います。


特別企画おまけ

今回、描いたイラストをまとめてみました。
イメージ破壊に一応、ご注意ください。
なんとなく書いた順です。





テイクオーバー

こどもの話のワンシーンをメインに描きました。
シルエットにしたら、意外と猫がそれっぽく見えるようになったのが救いです。

ダージリン&アールグレイの紅茶日記

アールグレイの髪が長いなんて描写はどこにもなかったわけですが。
確か#09を描いた時点では特に外見設定をしていなかったんですよね。そのあと続きを考えるときに一緒に作った気がします。
ちょっとダージリンがイケメン過ぎるような気がしますが、まあ格好良いのはいいことです。

Time For Me

後輩を見守る先輩という構図。
とにかく羽根が面倒で面倒で。後ろ姿を描くのが楽しかったです。

Vividness

あきらかに一枚だけやる気が違くてすみません。
音楽ものということで、ジャケットっぽい構図にしてみました。SF?そんなのは忘れてください。
左が駆、右側は上から義一、セイ、咲也です。一部の人だけわかってください。
ちなみに微妙に容姿が変わってるのもいるんですが、それはただの事故です。
というかむしろ、覚えている方はいるのでしょうか……。

朱鷺

左下にも空を描くか、アルの身体をきちんと描くかすれば良かったんでしょうが、気力が続きませんでした。
自分で描いておいて何ですが、シオの服はエロいと思います。
戻る